シンガポールへのたばこ持ち込みに関する注意喚起

 
  1. シンガポールでは、入出国時の通関に際し、「関税法」が厳格に適用されており、国内へのたばこの持込みについても大変厳しく、たばこ1本から課税対象となっていることから、たばこを所持しているにもかかわらず、空港等の税関で申告対象品を所持していない場合に通過する「グリーン・チャンネル」(緑の通関路)に進み、手荷物をチェックされて所持が発覚し、多額の罰金を徴収される例が増えています。


  2. たばこを所持しながら「グリーン・チャンネル」へ進むこと自体が違法行為であり、違反者に対しては、最高5,000シンガポールドル(約39万円)の罰金が科せられます。その際、知らなかった等の弁解は通用しないこと、申告品がある場合に通過する「レッド・チャンネル」(赤の通関路)に係官がいない場合でも、係官を待って申告すべきことに御留意ください。


  3. ちなみに、たばこの持込み制限は、個人使用の場合400g(2カートン、20箱)まで、課税額は、1g当たり35.2セント(目安:1箱=7.45シンガポールドル)となっています。詳細は、シンガポール税関のホームページを御覧ください。